PAGE[08]
2010-05-11 17:42
[桜雨]

雨かと見上げ
舞い降りてきた
花びらたちに、口づけする

並木道はどこまでも続く
巡る季節の物語よ


雨が降る 桜雨
舞い降りた花びらは この涙
今、遠い あの場所へ
帰れたら 言えるかな
一つだけ


手のひらに閉じ込めた桜
あっという間に吹き飛んでく

足下に舞い降りてた生命
色褪せて 汚れていくけれど

雨が降る 桜雨
舞い降りた花びらは この涙
今、遠い あの場所へ
帰れたら 言えるかな
一つだけ

会いたいよ
帰れたら 言えるかな
一つだけ

行かないで











[←前|次→]
[セ編集]

[←戻る]